Area

帯広市:エリア情報

帯広市は、人口約17万人・北海道東部の十勝地方のほぼ中央に位置するまちです。 明治16年(1883年)に本格的に開拓がはじまり、碁盤目状の道路網など計画的な市街地形成を行ってきました。  また、農業を主要産業とする十勝地方(約35万人、1市16町2村)の中心地であり、商業都市・農産物集積地としての役割を担っています。 JR北海道の根室本線が通っており、市内には帯広駅を中心に複数の駅があります。駅の近くには百貨店やスーパーマーケットのような多数の商業施設が集中し、家電量販店や衣料品店などもとくに多い地区です。帯広エリアには、住宅地も広がっています。帯広市にはとかち帯広空港があり、文化財や天然記念物などがたくさんある都市でもあります。十勝バスや北海道拓殖バスのような、札幌や旭川などへ向かう都市間バスが多数走っていて、市内には路線バスも複数運行しています。

1. 地理

面積は619.34平方キロメートル※(東京23区とほぼ同じ)で、南西部は十勝幌尻岳(1,846メートル)など日高山脈が占め、市域の1割が「日高山脈襟裳国定公園外部リンク」に指定されています。山地から札内[さつない]川、帯広川、戸蔦別[とったべつ]川などが流れ出ており、札内川の水は水道水外部リンクの原水として利用しています。

2. 気候

年平均気温が6.8度、年間降水量が約888ミリメートル、年間の1ミリメートル以上の降雨日が約85日と日本では冷涼少雨の地域です。内陸部に位置するため、1日の気温差が比較的大きく、1日の最高気温と最低気温の差は平均10.4度(※同東京8.2度、札幌7.6度)になります。  夏季の晴天の日は30度を超える日(※平年値10.5日、平成19年15日)もありますが、そのような日も朝晩は15〜18度まで下がります。  冬は北海道内でも最低気温が下がりやすい地域であり、最低気温が氷点下になる「冬日」は平年値で年間156日あり、厳寒期には氷点下20度前後まで下がります。  最高気温が氷点下の「真冬日」は、平年値で年間56日あります。
 年間通じて晴天の日が多く、特に秋から冬にかけては晴天が続きます。  同じ北海道でも札幌や旭川などの日本海側とは異なり、冬季も降雪量・降雪日とも比較的少なく、除雪が必要となる1日に15〜30センチ程度の降雪量となる日が、冬期を通じて3〜10日ある程度です。

・希望条件でお部屋検索→帯広市の賃貸(賃貸マンション・賃貸アパート・賃貸一戸建て)「お部屋探し」はこちら≫

アパマンショップ帯広西店

アパマンショップ帯広西店

〒080-0028帯広市西18条南3丁目26-1

TEL0155-66-4466

アパマンショップ帯広南店

アパマンショップ帯広南店

〒080-0015帯広市西5条南28丁目1-3

TEL0155-66-6123