豚丼のたれ

前回のブログの続きになります。
彼からの折り返し電話に、テンションが上がりました。
ひとまず、履歴書持って会社に来てもらうことになりました。
会社で面接しながら、私も仕事の内容や会社のことをお伝えしました。
試用期間3ヶ月。3/16日から仲間に加わることになりました。
そうそう、彼、よくよくきいてみると、埼玉県から、見ず知らずの帯広に身一つで、最近来て、居酒屋のバイトで食いつないでいる状況でした。で、コロナの影響をもろに受け、出勤が激減。極度の生活難でもがいておりました。
でも、何で帯広なんだい?という疑問がわき、彼にきいてみました。
“ところで坂巻くん、何で帯広にいるんだい”
決して、いちゃいけないってことじゃないんですが。。
彼から想定外の答えが返ってきました。
“豚丼のたれが大好きでいつか帯広に住んでみたいと思っておりまして。。”
“?”

埼玉に住んでいるころに、スーパーに売っている豚丼のタレの虜になり、何にでも、豚丼のタレをかけるようになり、豚丼の聖地帯広が彼の中に大きな存在になっていったと語ってくれました。

そんな動機もあるのんだなぁと思いながら、まぁこの青年との出会いを肯定的に受け止めたい自分がおり、まぁ面白い奴というくくりで私の心にとどめることにしました。
そんな面白い青年ですが、我々の会社でどのように姿を変えていくのか期待しているところです。

で、彼、コンピュータミュージックの世界に身を置いていた経歴もあり、私も興味本位で彼に、
”作ったもの聴けないのかい”と問いかけてみました。
ポケットからスマホを取り出し、いくつか作曲した曲をかけてくれました。
思わず、今からでも遅くないから不動産じゃなくて、そっちの世界方法がいんじゃないのかと思いました。。
いままであった人の中で、ひときわ変わった能力を持ったスタッフにになります。どんなことになっていくのか、見てみたいと思っております。
そうそう、彼の作った曲アップしときます。不動産業には今のところ関係ない能力ですが、案外、予期せぬ展開になって、面白いことになれば、それも良しと思っております。
その1
その2
その3
その4
その5
その6
・・・・たくさんあります笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です