「家賃支援給付金」が国会にて正式決定しました。。

先日の国会で、事業者への家賃補助なる給付金制度が決定しました。この「家賃支援給付金」は、新型コロナの影響で売り上げを落とした中小企業・個人に、家賃を補助する制度です。月額最大100万円(個人は50万円)を6カ月間支給する制度です。給付の条件は下記の通りです。

<給付条件>
中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、5~12月において以下のいずれかに該当する

(1)いずれか1カ月の売上高が前年同月比で50%以上減少
(2)連続する3カ月の売上高が前年同期比で30%以上減少

<給付額>
算出給付額の6カ月分

<算出給付額>
法人:直近の支払家賃75万円まで給付率3分の2、超過部分は例外措置として3分の1
個人事業者:直近の支払家賃37万5000円まで給付率3分の2、超過部分は例外措置として3分の1
※給付金(月額)の上限は、法人が50万円、個人事業者が25万円
※複数店舗を運営する事業者は例外措置が適用され、給付金(月額)の上限が法人100万円、個人事業者50万円となる

帯広だと、そもそもの家賃が20万円~50万円の間でしょうか。仮に30万円の家賃で、前年よりも売上げが、5~12月において、昨年同月で売り上げが半分の月があれば、給付を受けることができ、その場合は、30万円の家賃の3分の2、20万円の6か月分120万円を給付してもらえるというありがたい制度です。

飲食店を経営されている会社さんには、うれしい制度でしょうか。もうじき、正式な申請方法などがアナウンスされると思います。活用できる会社さんは申請されたらよろしいかと思います。

当社は、該当にはなりませんが、本当に売上げが半減したら会社やばいことになっているんだろうと思いますが。。

この度のコロナに対して、賛否両論ありますが、日本政府も、よくやているんじゃないかなぁと私は思っておりますが、皆さんはどう思われているでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です