退去立会い―賃貸編

居酒屋チェーン撤退に伴う、明け渡しに立ち会っておりました。担当者の方が東京から来られ、退去後の原状回復についてと敷金の返金の確認などしておりました。

”庄や”という大商水産グループの居酒屋です。ここの店舗は、オープン時から苦戦されており、2回暖簾を変え、5年間借りられておりました。担当の方の話では、コロナの影響で、全国に展開する店舗を一気に80店舗閉店するということをお話しされておりました(ピーク時には800店舗以上あった店舗ですが、現在350店舗くらいまでに縮小したという話です)。帯広の店舗も1店舗を残して、2店舗目のこの店を閉めるということになったようです。

オープン当初、店舗の内装、厨房や空調設備、トイレ新設など、店の改装で4,000万円くらいかけられたという店舗。立ち合いましたが、賃貸契約書の約定通り原状回復で、スケルトン(全部撤去して空っぽにする)にするには勿体なぁと思いながら、立ち合っておりました。まだまだ居酒屋でも定食屋でも、使えるこのテナント物件。お金をかけてスケルトンにするのか。。。

今日、立ち合ってきて、店舗を貸していた大家さんの承諾がいただければ、撤去せずに退去してもらい、居ぬき店舗としてテナント募集するべく、オーナーさんとお話ししてみようと思っております。

週明けには、結論が出ていると思いますので、いち早くブログにて、状況を報告したく思っております。

こんな状況で新店舗オープンということで検討されている方がおりましたら、お問い合わせください。開業したい方にとっては、悪い話じゃ~ないでしょ。。

アパマンショップ帯広南店0155-66-6123

アパマンショップ帯広西店0155-66-4466

いずれかにお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です