富山視察

今日から師走の月に突入です。

私は、どこにいるかというと、ハウスドゥ持株会(加盟店の集まりの1つなんですが)で、富山市で活躍されている企業さん視察で富山市に来ています。街からは、際立ったアルプス連山が壁となって見えます。圧巻です。。

訪問した企業さんですが、材木屋さんから、不動産業に参入されて成功されている企業さんです。

本業が材木屋さんなので、ウッドショックの状況などもお話を聞くことができました。

北陸エリアですが、以前よりは木材の入手はできる状況になっているようですが、値段が下がる気配はないという状況だそうです。全国的に同じ状況なんだと思いますが。。。そうすると、木造の新築物件は、まだ高値が続く感じが予想されるってことになるんでしょうか。

個人的にですか、新築が高い分、中古市場にお客様が流れてくる状況は続く?と予想しております。。

帯広エリアも、中古物件は、例年以上に流通しており、買い取りは、しばらく強気で在庫を確保してもいいのかなぁなどと思ったりもしております。

そうそう、富山市。行かれたことあるでしょうか。大きい街です。北海道でいうと、旭川の人口32万人よりも10万人多い街で、新幹線の駅もあり、駅前の規模感が都会を感じさせます。

ますのすしが、お土産ではメジャーときき、これを買って帰ってきました。食レポ、次回アップしときます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です