グランピング用地を探せ! in トマム

今日、昼から急遽、長沼町に日帰り出張でした。帯広からだと2時間ちょっとで行けるところでした。高速の降り口は、千歳東の手前の追分(おいわけ)でした。長沼町に用事で行くのは、初めて?でしょうか。

行ってわかったのですが、とても土地が平ら(十勝平野のような)で、水田が広がる住みやすそうなところでした。。

そうそう、仕事の目的は、グランピング用地の地上げでした。トマムでグランピング事業をしたい方の依頼で、狙いの定めた土地の登記を取ったら、所有者が長沼町に在住ということで、突撃しておりました。電話の登録がなかったので、〝いくっきゃないなぁ〟というノリでした。

帯広から遠方であるので、道中、ミーティングを兼ねて、賃貸店舗の責任者に運転をしてもらいながら、往復5時間、車の中で話をしておりました。といっても、行きの道中は、私、ほとんど寝ておりました(助手席なんで気兼ねなくウトウトしておりました)。スイマセン。。

土地所有者の方、幸い、留守でなく、ご自宅にいらっしゃいました。お話もできたので、まぁ何とかなるでしょう。。って感じで(使っていない土地なので売ってもいいよというご返事でした)、あとは値段の調整が済めば任務完了となります。

コロナが収束することを見越して、少し早めに新規事業の投資をする方、出てきました。この度のグランピング事業もそうですが、飲食業の店舗探しも、毎月何件か相談いただくようになってきました。リアルタイムに、今、担当している飲食店舗案件、札幌で数店舗っやっている企業さんの新規出店、お手伝いしております。

十勝、帯広エリアは景気がよく見えるそうです。どうでしょうか。

消費者目線でいうと、いろいろな店舗が出店し、いろいろなサービスを受けることができるのは、大歓迎です。私の仕事は、物件の紹介が仕事ですので、札幌からであろうと、地元の方であろうと、お構いなしです。一つでも空き店舗がなくなり、そこでの仲介ビジネスが成り立てばよしといったところでしょうか。。

どんどん空き店舗がなくなって、活気のある商店街になることを祈願しながら社業を全うしていく所存でございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です